あがり症と睡眠の関係

あがり症になりやすい人は、睡眠も影響していると考えられます。

 

脳の伝達情報手段を司る心を落ち着かせる役目のあるセロトニンが不足している為と考えられます。睡眠中の脳の情報伝達手段の中には、ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンが働いているのです。

 

セロトニンは、睡眠をしっかりとることにより多く分泌されていきますが、反対に、十分な睡眠をとらないと、ノルアドレナリンという興奮作用の交感神経が過剰に反応してしまい、精神が不安定になり、感情をコントロールする事が出来ないばかりか、あがり症を起こしやすくなってきます。

 

ですので、あがり症の人は、睡眠障害を併発している方が多いと考えられます。交感神経が過剰に反応する事で、あがり症を発症してしまう事から、睡眠障害の症状としては、早くに目が覚めてしまい、寝つきが悪く、寝ていても何回も起きてしまう、という症状などです。

 

また、セロトニンが不足してくると、心が落ち着かなくなってきてしまい、些細な事でストレスを感じやすくなってしまい、自分の感情を抑制する事が、出来なくなってしまいます。

 

そうなると、夜中心配事が増えてきたり、余計な考え事などをしてしまい、眠りにつきにくくなってしまい、悪循環に陥ってしまいます。あがり症を克服する為には、規則正しい生活を心がけ、睡眠をしっかりとる事です。浅い眠りと、深い眠りが交互にくるような眠り方が理想的です。

 

また、リラックスした状態で入眠する事が大切ですので、ぬるま湯のお風呂などにゆっくり浸ってから、ぐっすり眠るのがとても効果的とされています。