電話で緊張せずに話をする方法

ごく親しい友人や、親と電話で話す事は、誰でも緊張しなくても出来ますが、見知らぬ人や、異性に電話をかけるとなると、緊張してしまう、といった経験はありませんか?

 

しかし、電話は生きていく上で、大変便利な武器にもなります。緊張して、何も話せないとなると、生活していく上で、困ってしまいます。特に何でもないことでも、あがり症の人にとっては、結構ストレスだったりするのも、否めません。

 

そこで、電話で緊張せずに、誰とでも話せる方法をお伝えします。電話で緊張しないように話すためには、しっかり深呼吸する事が大切です。

 

その後、電話で人と話す際には、はきはきとゆっくり話す事です。私も、仕事柄、電話を使う機会が多く、最初の頃は、緊張ばかりしていましたが、何年も経つと、かなりリラックスして、相手の話を聞いてあげることが出来るようになりました。

 

電話が苦手で、全く言葉が話せなかった営業社員の人が、売り上げトップクラスになっていったという話も、聞いた事があります。

 

また、電話で人と話す事に慣れる事です。企業にとって、電話は、会社の窓口なのです。そして、電話は、顔が見えないだけに、より丁寧な言葉使いが求められます。社会人一年目の場合ですと、新人だから慣れる為に、新人社員しか電話に出させない企業方針もあります。

 

いくら、電話に出たり、かけたりと電話で話す機会が多くなってきたら、自然と緊張しなくなるものです。それでも、どうしても緊張してしまう場合は、熱いお茶を飲んで、ほっと一息してから、深呼吸をすると良いでしょう。


プロ講師が教えるあがり症克服法

プロ講師が教えるあがり症克服法

金井式65089人が成功したプロが伝授するあがり症改善法
わずか28日であがり症を改善できます。36年間で65089人ものあがり症や赤面症を改善させたプロの方法を使い、あなたも人前で堂々と挨拶やスピーチができる幸せな人生を送りませんか? 金井式あがり症改善法の詳細


西村順式あがり症克服法
のべ110613人以上の方を指導するプロ講師。コミュニケーションのプロ元NHKアナウンサーが教える、あがり症克服講座。簡単なトレーニングであがり症は克服できる、その方法は? 西村順式あがり症克服法の詳細

電話で緊張せずに話をする方法関連ページ

結婚式のスピーチで緊張せずに話す方法
結婚式のスピーチで、緊張せずリラックスして話すには、スピーチ本番の前には、深呼吸を2回か3回位行い、笑顔と大きな声を心がけると、心がリラックスし、参列者の耳にしっかりと伝えたい事が伝えられ、参列者全員を見ているようにスピーチを行うことが出来ます。
会議・プレゼンで緊張せずに発言する方法
会議やプレゼンで緊張せずに発言するには、本番前には、数回深呼吸をし、大きな口調ではっきりと落ち着いて発言しましょう。また、上半身を軽くマッサージしたり、緊張を和らげるツボをマッサージしたり、軽くストレッチを行うのも効果的です。
面接で緊張せずに話をする方法
面接で緊張せずに対処する方法は、数日前から自分が話すべきこと、聞かれる事を頭の中で整理しておき、当日は少し早目に面接会場に到着し、リラックスする状況を作る事が必要です。そして、面接の10分前になったら、深呼吸や腹式呼吸を行いましょう。
合コン・飲み会で緊張せずに話す方法
合コン・飲み会で緊張せずに話す方法は、最初の乾杯の一杯は少しでも構いませんので、お酒を飲みましょう。お酒やアルコール類には、緊張を緩和する作用があり、血行を良くし、緊張感を和らげてくれます。
異性と緊張せずに自然に話す方法
異性と緊張せずに自然に話す方法は、男性女性を問わず、人が多く集まる場所に積極的に参加し、簡単な挨拶をしたり、気軽に話すなど、無理のない範囲内で積極的に自分から話しかけてみるなど、日頃からの訓練が必要です。