結婚式のスピーチで緊張せずに話す方法

結婚式という格調高い行事で、しかも大勢の人を前にスピーチをする事は、誰でも緊張してしまいますよね。

 

では一体、どのように工夫をすれば、結婚式のスピーチで、緊張せずリラックスして話せるのか、考えていきましょう。

 

結婚式というのは、一生に一度の大事な儀式です。この大事な儀式で、失敗して恥をかかない為にも、リラックスして話せるようになるのが、理想的です。

 

まずは、新郎新婦本人が緊張しない為には、自分の中で、言いたい事を紙に書いて、ワープロにまとめておくと良いでしょう。

 

大切なのは、結婚式当事者を一生懸命育てたご両親や、多忙の中、参加してくれた親戚や、友人に感謝の気持ちを添える言葉を、リラックスしてきちんと伝える事です。

 

そして、紙に書いたスピーチの文章を自分なりの言葉に置き換えて、鏡の前で、笑顔を作り大きな声でかつ落ち着いた表情を交えながら、結婚式当日まで、何度も練習してみましょう。

 

いざスピーチ本番の前には、深呼吸を2回か3回位行って下さい。実際のスピーチを行う際には、緊張している自分を無理に抑えようとせず、練習した時のように笑顔を作り大きな声で、参列者と目が合わないように、はっきりと、話すことです。

 

笑顔になる事で、緊張感が和らぎ、大きな声を出すという事も、あがり症を抑える効果があります。他人と目が合ってしまいますと、緊張してしまう場合がありますので、参列席の真ん中あたりをみながらスピーチをすると良いでしょう。

 

笑顔と大きな声を心がけると、心がリラックスし、大きな声で参列者の耳にしっかりと伝えたい事が伝えられ、結婚式当日も、緊張せずに参列者全員を見ているようにスピーチを行うことが出来るようになります。

結婚式のスピーチで緊張せずに話す方法関連ページ

会議・プレゼンで緊張せずに発言する方法
会議やプレゼンで緊張せずに発言するには、本番前には、数回深呼吸をし、大きな口調ではっきりと落ち着いて発言しましょう。また、上半身を軽くマッサージしたり、緊張を和らげるツボをマッサージしたり、軽くストレッチを行うのも効果的です。
面接で緊張せずに話をする方法
面接で緊張せずに対処する方法は、数日前から自分が話すべきこと、聞かれる事を頭の中で整理しておき、当日は少し早目に面接会場に到着し、リラックスする状況を作る事が必要です。そして、面接の10分前になったら、深呼吸や腹式呼吸を行いましょう。
電話で緊張せずに話をする方法
電話で緊張せずに話す方法は、電話で緊張しないように、話すためには、しっかり深呼吸する事が大切です。そして電話で人と話す際には、はきはきとゆっくり話す事です。
合コン・飲み会で緊張せずに話す方法
合コン・飲み会で緊張せずに話す方法は、最初の乾杯の一杯は少しでも構いませんので、お酒を飲みましょう。お酒やアルコール類には、緊張を緩和する作用があり、血行を良くし、緊張感を和らげてくれます。
異性と緊張せずに自然に話す方法
異性と緊張せずに自然に話す方法は、男性女性を問わず、人が多く集まる場所に積極的に参加し、簡単な挨拶をしたり、気軽に話すなど、無理のない範囲内で積極的に自分から話しかけてみるなど、日頃からの訓練が必要です。